安全運転啓蒙活動

ハンドルキーパー運動

  •  ハンドルキーパー運動実施中
  •    飲酒運転の根絶を求める声が全国的に高まっていることから,全日本交通安全協会の提唱により警察や関係機関の協力を得て,平成18年10月27日から飲酒運転追放のための新たな運動として「ハンドルキーパー運動」を実施しています。 ハンドルキーパー運動は,自動車で飲食店に来て飲酒する場合,仲間同士や飲食店の協力を得て飲まない人(ハンドルキーパー)を決め,その人は酒を飲まず,仲間を自宅まで送り,飲酒運転事故を防止する運動です。
      ハンドルキーパーとしたのは,酒を飲まない人(ハンドルキーパー)が,大事な自動車のハンドルを握り,安全をキープし,飲酒運転を防ぐことによって人の命を守る(キープする)という意味だそうです。

 

 

  鹿児島県交通安全協会では,ハンドルキーパー運動を県民運動として定着化させることを目指し,安全運転管理者協議会などと連携して,ポスター、チラシなどハンドルキーパー運動を県民に周知するための広報,運転者関係団体に対するハンドルキーパー運動への参加呼びかけ,酒類を提供する店舗に対するハンドルキーパー運動への協力要請などの活動を行っていくこととしております。